生理痛の我慢はダメ!子宮のトラブル

子宮トラブル美容/健康

こんにちは!

突然ですが、あなたは生理痛を我慢していませんか?

若いころに生理痛が強い月経困難症があると、子宮内膜症のリスクが2.6倍になると言われています。

そして、最近増えている子宮体がん

40代~50代、とくに閉経を迎える50歳前後では、乳がんに次いで多いがんです。

命を守るポイントは、不正出血に気づけるかどうか

生理が不安定な更年期に、どうしたら小さなサインに気づけるのか。

付き合いは長いけれどよく知らない子宮の病気について学んでいきましょう!

スタジオに来てくださったのは、産婦人科医の八田真理子さんです。

(2022年4月13日放送のあさイチ「子宮タイムライン」の内容をまとめています。)

子宮内膜症は10代から注意が必要

腹痛でお腹をおさえる女性

10人に1人が持っていると言われている子宮内膜症ですが、自分がそうだと気づいていない人も多いといいます。

子宮内膜症とは、子宮内膜に似た組織が卵巣や卵管、腹膜など、子宮の外にできてしまう病気です。

症状は強い痛みです。

原因の一つは、経血の逆流です。

ふつう月経のとき、子宮が収縮し、子宮内膜の組織が膣から外に出されます。

しかしこのとき、卵管を逆流して子宮の内膜が卵巣やお腹の中に流れ出すことがあるのです。

その場所に居座ってしまうと、子宮内膜症を発症します。

痛みを我慢してしまうことによって発見が遅れ、症状の悪化につながります。

月経が起きるとそのたびに、子宮の外にできてしまった組織からも出血が起こります。

これに伴う痛みを「ただの生理痛」だと思って我慢してしまうのです。

さらに、血が固まって周りの臓器と癒着が起きてしまうと、生理のとき以外にも痛むようになります。

周りの臓器と癒着するまでは数年かかっていることになります。

痛みを我慢せずに、産婦人科を受診しましょう。

子宮内膜症は、女性の人生を台無しにしてしまう病気。

痛みはなかなか人に伝わらない。

臓器と癒着すると、生理の前後だけでなく、排卵の前後、排便時、性交時にも激しい痛みがある。

肛門から鉄の棒を押し込まれるような痛み。

まぁこ
まぁこ

そ、、、想像を絶する・・・

子宮内膜症のセルフチェック

次の中に、1つでも当てはまるものがあれば、子宮内膜症の疑いがあります。

 子宮内膜症 セルフチェック
  1. つらい生理痛がある (鎮痛剤が手放せない、学校や会社を休んでしまう、寝込んでしまうなど)
  2. セックスのときに奥が痛い
  3. 排便痛がある
  4. 生理のとき以外で下腹部が痛むことがある
  5. 生理のときに飲む鎮痛剤の量が増えてきた
  6. なかなか妊娠しない

とくに、4と5の症状がある場合は注意が必要です。

日本全体の患者数は260万人以上と言われているが、実際に治療を受けているのは1割くらいしかいない。

子宮内膜症は他の病気リスクも上がる

子宮内膜症のこれまでの治療は、痛みや不妊の解消がゴールとされていました。

しかし最新の研究によると、子宮内膜症になった人は、卵巣がんや骨粗しょう症のほか、高血圧や脳梗塞などの心血管系疾患になるリスクが高いことが分かりました。

アメリカ生殖医学会も、子宮内膜症は慢性疾患で障害管理が必要だと提言しています。

たとえば、卵巣にできるチョコレート嚢胞の場合、卵巣がんになる可能性は約1%で、チョコレート嚢胞がなかった人と比べるとおよそ9倍のリスクがあるというデータがあります。

チョコレート嚢胞を経験した人は、定期的に婦人科を受診してがんがないかチェックすることが大切です。

< 心血管系疾患を防ぐには >

・汗をかく運動 30分×週3回

・バランスのよい食事

・6~7時間の良質な睡眠

・毎日血圧を測る

・太りすぎない 痩せすぎない

子宮内膜症を患った人は他の病気のリスクも高くなるというが、子宮を全摘した場合も当てはまる?

子宮内膜症は血管の病気なので、遺伝子的に心血管系疾患のリスクはある。

 

子宮内膜症の治療薬「低用量ピル」

ピルシート

子宮内膜症は、生涯の月経回数が増えるほどリスクが高まります。

初潮が早まり、閉経が遅くなるなか、出産回数も減少している現代は、昔よりも生理回数がおよそ10倍多くなっています。

子宮は赤ちゃんのベッドを厚くして待っている。

妊娠しないとそれが剥がれ落ちて排出されるのが生理。

このときに子宮の中は炎症が起こっているため、女性のカラダにとってはとても負担がかかる。

生理が始まってから数年で生理痛がひどくなる中学生や高校生もいます。

八田さんのクリニックで子宮内膜症と診断された高校2年生の子は、治療のために超低用量ピルを服用しています。

中学3年生になったころから痛みや出血量が増え、様子を見かねた母親に連れられて受診しました。

超低用量ピルを服用することにより、血液量が減り、おなかの痛みもなくなったため、勉強に集中できるようになり、日常を楽しく生活できるようになったといいます。

いまは、生理のツライ症状による場合は、保険適用でピルが処方されるようになっています

まぁこ
まぁこ

「痛みはガマン!」という時代は終わりました!(^-^)!

病院で治療ができるのだから、利用しない手はないですよね!

中高生の子に「ピルを処方しましょう」と言うと、お母さんが反対するママブロックにあうことがある。

「ピル=避妊薬」というイメージがあるのだと思う。

 

ピルを飲み続けることで、体にデメリットはある?

子宮内膜に炎症が起こっている状態をお休みさせることになるので、体が楽になる。

ただし、40代以降の人は、非常にまれだが血栓症(血液が固まりやすくなって血管が詰まる)という副作用が出ることがある。

いまは、黄体ホルモンなど良い薬が出ているので、医師に相談してほしい。

17歳の娘が2年ほどピルを服用している。今後の妊娠のことなど心配。飲み続けてもいい?

ピルを飲んでいるあいだは妊娠しない。やめたときの排卵率・妊娠率は高くなる。

妊娠を考えていない時期ならば、排卵を休ませてあげたほうがいい。

ピルが飲めない場合は?

ピルは、血栓症や乳がんのリスクがある人は飲めない。

黄体ホルモンの薬もピルと変わらず痛みを取るチカラがある。

黄体ホルモンも低用量化されている。

子宮の中に入れるIUS(ミレーナ)という器具がある。

子宮の中に黄体ホルモンが持続的に入っていくもので、5年間有効。

出産経験のない人でも使用できる。医師に相談してほしい。

まぁこ
まぁこ

私も20代のころ低用量ピルを服用していました。

1日1粒、決まった時間に飲むだけで予定日に確実に生理がくるし、生理が軽くて済むし、非常に快適でした。

いまは「超」低用量ピルというのがあるんですね。

もう20年前の話だもんね、そりゃ治療も進化するよね(笑)

子宮筋腫・子宮腺筋症とは

腹痛で横になる女性

子宮内膜症と併発することが多いのが、子宮筋腫子宮腺筋症です。

この2つも生理のたびに進行していく病気で、生理痛と思って我慢しているうちに悪化してしまうことがあります。

子宮筋腫は、子宮の筋肉の中にコブができる病気で、30代以降に多く10人に3人がかかると言われています。

主な症状は、過多月経、貧血、生理痛、下腹部痛ですが、無症状のケースもあります。

子宮腺筋症は、子宮の筋肉の層の中に子宮内膜のような組織ができる病気で、30代以降とくに40代に多く10人に2人がかかると言われています。

主な症状は、激しい生理痛、腰痛、過多月経、貧血です。

かつて子宮腺筋症は、出産経験がある人がなりやすいと言われていましたが、最近では出産経験のない人にも見つかることが増えてきています。

母が子宮内膜症で苦しんでいるのを見てきた。遺伝はする?

体質が似ているので、ある程度遺伝すると思う。痛みがあるようなら受診を。

子宮頸けいがん・子宮体たいがんとは

子宮頸がんは、子宮の入口にできるがんで、20代から増加してピークは40代です。

ただ、初期には自覚症状がないため、定期的に検診を受けることが早期発見のポイントです。

子宮体がんは、子宮の中にできるがんで、40代から増加してピークは50代です。

早期発見のポイントは不正出血ですが、ホルモンバランスが変化する更年期に、まばらな生理や不正出血はよくあることなため、出血から子宮体がんを判別するのは容易ではありません。

 

 子宮体がんの早期発見

ポイントは不正出血にきづくこと。

 

閉経前:量も頻度もまばらな人は、14日以上出血が続く場合、医療機関へ

 

閉経後:少しでも出血があれば医療機関へ

一般的に子宮体がんと診断されるまでには、不正出血が認められたあと、経腟エコーで子宮内膜の厚さを調べ、異常があれば子宮内膜の細胞や組織をとって調べます。

 

子宮体がんの検査は痛くて怖い。検査時の痛みがやわらぐ方法はある?

以前は細胞や組織を取るときに引っかいていたが、最近はチューブが細くなってきていて、吸引できるようになってきた。

息を吐くのを長くして体をリラックスさせる。

いつ出血があったか、お腹の痛みがあったかをメモしましょう。

下着の色を薄めにすることで、おりものの状態なども分かりやすくなります。

いつもと違うと思ったときは受診しましょう。

定期的に検査をすることも大切です。

子宮を摘出?温存?経験談

メモをする女性

子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症などの場合、子宮を摘出するのか温存するのか自分で選択をすることが求められることがあります。

番組では3人の方にお話を伺いました。

高橋さんの場合

去年、かかりつけ医から提案を受けて子宮を全摘出。

子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症をかかえ、1か月近く続く過多月経や痛みに悩んでいました。

10代の子2人を育てていて、3人目の予定はなし。

しかし、いざ摘出となるとためらう気持ちも出てきました。

かわいい子ども2人が育った子宮を取るのは寂しいし、悲しい。

夫との夜のコミュニケーションも不安でしたが、医師に相談すると膣は温存されるため、性交渉への影響はほとんどないことが分かりました。

手術前夜、夫に「2人もかわいい子を産んでくれてありがとう」と言われ涙があふれ出たそうです。

田宮さん(仮名)の場合

「子どもが2人いて、3人目を産む状況でもなかったので手術を選んだ。」

41歳のとき、子宮内膜症と子宮筋腫を併発していました。

医師からは、薬で生理を止めてやりすごすか、手術で子宮を摘出するかを選ぶように言われました。

そこで費用のことを考えました。

田宮さんの場合、手術の自己負担額はおよそ10万円でした。

一方、薬での治療を選ぶと一ヵ月の薬代はおよそ3000円。

通院費も合わせて閉経までの10年間を払うとすればおよそ50万円。

10年で考えるとそのぶんを子どもたちに回せるのではと手術を選びました。

毎日決まった時間に薬を飲めるかも心配だったそうです。

腹腔鏡手術をして1か月ほどで日常生活に戻ることができました。

「痛みから解放されたのが一番。」

福田さん(仮名)の場合

「”摘出=子どもをあきらめる”だったので、生きる意味まで考えました。」

子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症を併発していました。

39歳のときに医師から子宮の全摘出を提案されました。

「最初は子ども連れを見ると涙が出てくる」「何で私だけ…」など、もう子どもを授かることはないと絶望的な気持ちになりました。

手術を決心するまで半年かけて夫と相談しました。

夫は生活に支障が出ているのを一番近くで見ていたので、「それがなくなったほうがいいんじゃないか」と何度も話し合い、「2人の仲が良ければがんばれる」という結論に達して手術を決めました。

決心してからは前を向こうと、手術後にやりたいことを書き出しました。

手術後、体の痛みがなくなってからは、以前では考えられなかった長時間の外出もできるようになり、趣味のバードウォッチングを満喫しています。

手術から3年経って考え方にも変化が出てきました。

もともと子どもが好きなので、朝会ったら「おはよう」と声をかけたり、自分から遠ざけて生きたくないので、モヤモヤと戦いながら生きています。

 

43歳のとき子宮筋腫で子宮を全摘。全摘したあとで気をつける病気はある?

卵巣が残っているので卵巣のチェックが必要。

子宮摘出のあとでチョコレート嚢胞が見つかる場合もあるので、定期的に超音波の検査をしてほしい。

ゲスト・大黒摩季さん

ゲストの大黒摩季さんは、10代のころから生理の痛みに我慢をかさねてきました。

27歳で病気が判明し、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症、チョコレート嚢胞という数々の子宮の病気を抱え、不妊治療も経験。45歳のときに子宮を摘出されています。

大黒さんはお腹の痛みを、先生の言った”肛門から鉄の棒を押し込まれる痛み”はもちろん、”腹筋と背筋で横隔膜をぞうきんを絞るようにギューっとやったみたいな強烈な痛み”だと表現していました。

大黒さんは、

「あさイチに出るのは勇気がいった。でも私の世代は女性の病気や生理痛は口にも出せないくらい男社会だった。

私が話すことで若い子たちとかが我慢しないで、周りに頼ったり甘えたりできるようになって欲しい。婦人科に行くこともカジュアルになって欲しい。」

「早めに病院に行きましょう!知識がないから不安になる。知れば対処法がわかるし、弱いところを補てんできるから怖いものがなくなる。」

と言っていました。

まぁこ
まぁこ

「忙しいから」「予約の電話が面倒だから」などと言い訳して我慢しているよりも、自分のカラダを一番に考えて行動しましょう!!

一度しかない自分の人生に後悔しないように!

 

大黒摩季さんが子宮摘出手術のあとの思いを込めた曲がこちら。

「My Will ~世界は変えられなくても~」

コメント

タイトルとURLをコピーしました