汗の悩みを解決!汗との付き合い方

汗の悩みを解決! 汗との付き合い方美容/健康

こんにちは!

夏の大問題、汗。

「汗は乾くまでが汗」。

汗は乾いて初めて効果があるといいます。

スタジオに来て教えてくださったのは、皮膚科医の吉木伸子さんです。

(2022年5月18日放送のあさイチ「”100万人の声”で作る汗スペシャル」の内容をまとめています。)

汗は天然の美容液

汗には、乳酸、カリウム、ナトリウム、尿素といった天然保湿因子が含まれています。

市販の保湿クリームや美容液にも含まれるこれらの成分が、お肌を守ってくれる可能性があります。

汗は持続的に皮膚の表面を潤し、同時に殺菌やアレルゲンをおさえます。

また、古い角質を新陳代謝によって除去することができます。

このような役割をするため、汗は天然の美容液といえるのです。

 

まぁこ
まぁこ

汗の出始めは成分が濃くて、時間が経つにつれて成分が薄くなっていくそうです。

じわっと汗ばむ程度の運動をするのが美容効果を得るにはいいということですね。

 

汗による肌トラブル

いま、汗による肌トラブルで、診察を受けている人が増えています。

適量の汗はお肌を守ってくれますが、放置した汗はトラブルを招きます。

雑菌が繁殖してニオイの原因になり、水分が蒸発した塩分の濃い汗は、かゆみや炎症などの原因となります。

とくに長時間つけているマスクの中の汗は、乾燥や赤み、ニキビなどの吹き出物ができやすくなることもあります。

マスクの中の肌荒れはあせも?

マスクの中であせもになる方も少ないけれどいる。

マスクによる汗荒れの大半は、汗がこもることで肌のバリア機能が壊れてしまうことからくる肌荒れ。

マスクをしないわけにはいかないので、普段のスキンケアを見直して肌のバリア機能を正常に保つようにすると、だいぶ防げる。

あせもと汗荒れは違う?

汗をかいてかゆくなったり赤くなったりすると、何でもあせもにしがちだが、あせもは汗の管がつまってしまうことを指す。さらに、

あせもは意外とそれほどかゆいものではない。

まぁこ
まぁこ

えぇーーーっ!

かゆくなっている場合は汗荒れを起こしているか、あせもと汗荒れの両方が混在している場合がある。

あせもの場合、そんなにかゆくなければ放っておいてもかまわない。数日で自然に治っていくことがほとんど。

ただ、また急に大量の汗をかいてしまうと、繰り返しあせもになる。

あせもを確実に防ぐ方法は、汗をかかないこと以外にない。

 

汗荒れは表面的に面で症状があらわれる。

かいた汗に反応して赤みや湿疹ができてしまう。とくに大人は汗荒れが多い。

皮膚科医監修 夏のスキンケア

バリア機能を保つためには、基本のスキンケアが大切です。

<体の洗い方>

泡立てた石鹸で皮膚の表面の汚れを、手で優しくなでるように洗う。

<顔の洗い方>

少なめの洗顔料をたっぷりの水で泡立てて、泡で顔を洗うイメージで優しく洗う。

一度目の洗顔でテカリが気になる部分があれば、その部分だけ2度洗いする。

夏でも保湿をしっかりとする。

洗い方は、その人の体質や季節によって変えたほうがいい。

”泡で洗う”のは、皮脂を落とすためにやること。

汗そのものは水溶性のものなのでお湯だけでも落ちる。

洗いすぎると乾燥してかゆくなる。

 

人間のカラダの中で皮脂が一番出るのは頭皮、次が顔。

首から下は皮脂がギトギト出るところではないので、必ずしも全身を泡で洗わなければいけないということではない。

背中と胸の真ん中に皮脂が出る人は泡で洗ってもいいが、腕や足は乾燥するので必ずしも毎日泡で洗わなけれないけないというわけではない。

吉木さんも毎日ボディーソープで洗っているわけではない?

週に1、2回しか泡では洗っていない。

私たちが思い込みでやってしまっているスキンケアは他にもある?

たとえば、汗をかいたときにゴシゴシ拭くこと。

汗をかいてかゆいからとゴシゴシ拭くと、肌が傷ついて弱くなって、余計に汗の塩分などでかゆくなってしまう。

かゆい場合は、ハンカチなどの柔らかいもので押さえるように拭くのが大事。

今から始める、熱中症を防ぐ汗トレ!

汗をかく女性

熱中症予防の汗を必要なときにきちんとかくためには、カラダを夏の暑さに慣らすことが大切です。

滝のように流れる汗は、実は体温を下げる効果はありません。

すぐに乾くじんわりとした汗が理想で、肌を潤した汗が乾くときに熱を奪って体温を下げてくれます。

運動をするときは、汗が効果的に乾くように首の周りや脇など、風通しが良く速乾性のある服で行うようにしましょう。

温度は25度以下、湿度は50%前後の環境がオススメです。

少し汗が多い場合は、うちわなどであおいで乾かすと体温を下げる汗のチカラを実感できます。

汗がきちんと出ている人は無理に運動する必要はない。

汗をたくさんかくほど体温調節効果が上がるわけではない。

じわっと汗をかく訓練をする。

 

発汗訓練が必要かどうかの目安は、お風呂に入ったあとにじわっと汗をかいているか。

汗をかいている人は、適度な発汗機能をもっていると言える。

汗をかいていない人は、半身浴や運動をして日常の中で訓練する。

運動の注意点
  • じんわり汗をかく程度の運動を毎日
  • 適度な水分補給を忘れずに(のどが渇いていなくても1時間にコップ1杯程度は飲む)
父は汗がかけない。夏場は外に出ると熱がこもりすぎて倒れそうになる。50歳を過ぎても汗をかくようにトレーニングできる?

個人差はあるが、無理せず少しずつトレーニングすることで改善することはある。ただ、薬を服用している影響で汗が出にくい人もいる。

汗の量を減らす薬はいろいろあるので、薬を服用している人は医療機関に相談するといい。

ミストサウナで汗トレ

ミストサウナは温度が低めの設定でも、普通のサウナよりも汗が出やすいとされています。

自宅のお風呂でミストサウナの効果を得られる方法があります。

それは、入浴中に傘をさすこと。

お湯の蒸気が傘の中にこもってミストサウナに似た環境が作れるのです。

おうちミストサウナのポイント
  • 熱いお湯ではなく40℃
  • 入浴剤を使うときは、炭酸ガスに注意
  • 2日に1回は湯船につかる

さらば汗ジミ!洗濯必勝法

洗濯物のニオイを嗅ぐ女性

汗ジミ対策として、洗濯の基本を見直すことも大切です。

これまでの洗濯法に満足していないかたは、洗濯王子こと中村祐一さん流の洗濯術を試してみましょう。

<ドラム式洗濯機>

ドラム式洗濯機は、ドラムを回転させて衣類を持ち上げて落とす”叩き洗い”で汚れをきれいにします。

ところが、洗濯物を詰め込んでしまうと衣類が回っているだけで叩き洗いができません。

汚れが落ちていないと感じた場合は、衣類を半分ほど減らしてパワーを集中させましょう。

洗剤の量は、洗濯物の量に合わせましょう。

<縦型洗濯機>

縦型洗濯機は、衣類を攪拌かくはんして、もみ洗いで汚れを落とします。

汚れが落ちていないと感じた場合は、水の量を増やしてみましょう。

自動モードよりも一段階水量を増やすと衣類がたっぷりの水に浸かってパワーがアップします。

洗剤の量は、水の量に合わせましょう。

まぁこ
まぁこ

「すすぎ1回でOK!」という洗剤が増えていますが、洗いあがりに不満がある場合はすすぎの回数を増やすと解消することがあるそうです。

洗濯物の黄ばみを落とす方法
  1. 液体の酸素系漂白剤とセスキ炭酸ソーダを「2:1」の割合で混ぜ合わせます。
  2. 歯ブラシで黄ばみのある部分に直接なじませます。
  3. 歯ブラシで優しくこすります。
  4. 40℃のお湯ですすぎます。

※上記の方法は生地を傷めるので、最終手段にしましょう。

わき汗、更年期、なんでも汗相談!

体臭を気にする女性

わき汗の治療は保険適用でできる?

従来は手術や注射で汗を止める方法などがあったが、2020年からは保険適用で使うことができる塗り薬がある。

汗が完全に止まるわけではないが、かなり汗をおさえることができる。

すべての皮膚科で扱っているかは分からないので、問い合わせてから受診するといい。

 

塗り薬でわき汗が止まるしくみ

わき汗が多い人は、わきにある交感神経から「汗を出せ」という指示を受けた汗腺が働きすぎるため、大量の汗が出てしまう。

薬を塗ると、「汗を出せ」という指示の邪魔をしてくれるので、汗が出にくくなる。

汗腺自体をふさいでいるわけではないので、あせもの心配もない。

 

更年期でホットフラッシュが1時間に3回。夜は汗で眠れないことも。

更年期に関しては、産婦人科医の高尾美穂さんが回答してくださいました。

更年期において、発汗・寝汗は血管運動神経症状の1つと考えられている。

寝汗は「寝つきが悪い」「熟眠感が足りない」といった睡眠トラブルにつながり、さらに不眠は「うつ」にもつながる。

 

発汗などの血管運動神経症状に対しては、ホルモン補充療法がとくによく効き、寝汗の改善によって不眠も改善し、良く眠れるようになるなど全体的な症状の改善につながると期待される。

 

ホルモン補充療法を行っているか、事前に問い合わせてから受診しましょう。

市販の制汗剤で汗を止めて大丈夫?

出るべきものを止めてしまうと、他のところに出ておかしくなるなどと思うかもしれないが、そういうことはないので使って良い。

起こりうることとしては、塗った部分がかぶれたり、たまたまアレルギーを起こすことがあるので、塗ってみてかゆくなった場合は使用をやめたり、商品を変える。

21歳息子の足のにおいがすごい。帰宅後すぐに足を洗っているが、毎日くさい。

若い人にときどきある。その人の汗の成分による。

”イソ吉草酸”という脂肪酸が多く含まれていると、足がにおいやすいということがわかっている。

体質的なものなので止めることはできない。

汗をかいて時間が経つとにおいやすいので、こまめに拭く、靴下を変える、スニーカーを洗う、革靴は陰干しするなどの汗対策もするといい。

「汗は乾くまでが汗」というが、乾かすと冷えて風邪をひくのでは?

汗は通常カラダが暑いときに出る。

風邪をひくほど寒いところで汗が出る人は、自律神経に問題のある人が多い。あまり症状がひどいようなら医療機関を受診したほうがいい。

顔の汗をすごくかくので化粧崩れをする。化粧崩れを防ぐ方法は?

化粧下地をしてからファンデーションをつけると思うが、下地を少なめにする。100の化粧下地を60程度にしてファンデーションを塗る。

朝は少し粉っぽいかもしれないが、自分の汗が出てきてそれが天然の美容液になる。

ファンデーションが汗を吸着して下地代わりとして働き、ちょうど良くなる。

息子が少しアトピーもち。汗にも反応してかゆみが出る。汗との付き合い方は?

アトピー性皮膚炎の人は汗が減っているので汗をかいたほうがいい。

かゆくなるならばハンカチやおしぼりでおさえる。

お風呂上り、どのタイミングでスキンケアをすればいい?夏はお風呂上りに汗がひいていない状態で化粧水や乳液をつけてもいいの?

汗は天然の美容液なので、化粧品と混ざっても問題はない。

ただ、汗が流れている状態だと化粧水なども流れてしまうので、流れる汗は止まってからつけたほうがいい。

夏は汗が出るから化粧水などはいらないと思いがちだが、女性の顔は皮膚も薄いので保湿成分の入ったものを使用したほうがいい。

わき汗をかいて服が黄ばむ人はワキガだと聞いたことがある。本当?

黄ばみが強い人はワキガの傾向があることは本当。

アポクリン汗腺というワキガの原因となる汗腺の発達がいい人が、遺伝的なワキガ体質と言われている。

日本人には少なく、欧米人には多い。

アポクリン汗腺自体は日本人はみんな持っている。

アポクリン汗腺から出る汗は、脂肪やタンパクを含んでいるので放置すると黄ばみやすい。

 

汗をかいて雑菌がつくとにおうので、わき毛を処理し、制汗剤を使用し、汗をかいたら拭けばにおうことはない。

それでも気になる場合は、皮膚科を受診してほしい。

保険治療のほかに、自費になるがレーザー治療もある。

中学生の娘からにおいがしてきた。学校でいじめられないか心配。学校はデオドラントシートなどは禁止。におい対策はどうしたらいい?

12才以上であれば、保険適用になっている塗り薬が皮膚科で処方してもらえる。

あとは使い捨ての清浄綿で拭くなどでも違うと思う。

今年保険適用の拭くタイプの制汗剤も出るので、学校でも使用できると思う。

正しい汗対策で快適な夏にしよう

汗は出始めが大事!

そして、カラダの洗いすぎは禁物。

今年の夏は全国的に暑くなるそうです。

汗をかかない人は熱中症予防のために汗をかくトレーニングを早めに始めましょう♪

そして、汗は天然の美容液ですが、夏でもスキンケアをかかさずに行いましょう。

まぁこ
まぁこ

汗でどうしても困ったら、皮膚科や婦人科など、症状に合わせて医療を頼るのも大切だと思いました。

 

毎年のように夏は子どもの腕の内側(関節部分)にブツブツが出ます。

汗が留まりやすい場所にできてしまった、汗かぶれです。

寝ながらもボリボリと掻いていることがありましたが、アセムヒを塗ったら治りました♪

子どもはとくに暑がりなので、ゴザを敷いて寝たり、保冷剤を頭やわきに使用して寝たりして、これから来る暑い夜を乗り越えましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました