お金が貯まる人、貯まらない人 10の違い

お金が貯まる人貯まらない人お金/暮らし

こんにちは!

お金が貯まる人と貯まらない人にはどんな違いがあるのでしょうか?

お金が貯まる人にはなぜそんな習慣があるのか、その理由を知って実践することが大事です。

データで分かった10の違いをサクッと紹介します。

スタジオで教えてくれたのは、「新 お金が貯まるのは、どっち?」の著者、元大手銀行支店長・菅井敏之さんです。

(2022年2月19日放送の世界一受けたい授業「データでわかる お金が貯まる人貯まらない人 10の違い」の内容をまとめています。)

家計簿をつけると貯まる

貯金はダイエットと似ています。

ダイエット中に毎日体重を記録すると、数百グラム減っただけでもうれしくなってがんばる気持ちがわきます。

家計簿も同じで、つけることで「今日これだけ節約した」と喜びを感じ、お金を貯めやすくなるのです。

自分の老け顔を見ると貯まる

窓にうつる老け顔

実験では、50人に最新のVR機器をつけ、その中の一部の人には自分の老け顔を見てもらいました。

その後、「1000ドル(およそ10万円)あったら何に使いますか?」と質問しました。

自分の老け顔を見たグループは、そうでないグループに比べて貯金に回す金額が約2倍になりました。

自分の老け顔を見ると、これまで今のことばかり考えていた意識が未来へとうつり、「将来の自分のために貯金しよう」という考えになるからなのです。

夫婦でお金の話をすると貯まる

年間100万円以上貯める夫婦は、夫婦でお金の話をして協力していました。

とくに、共働きで夫婦の財布が別々の場合、お互いに「相手が貯めている」と思い込んでいたのに実は貯金が少なかったということも多いのです。

お金を貯めるには、夫婦のコミュニケーションが大切です。

貯金額をハッキリ言えると貯まる

お金が貯まる人は、貯金の細かい金額をハッキリ言えます。

「何歳までにいくら貯める」「どこどこに家を買うから」など、具体的な目標を持って貯めています。

自分が毎月いくら貯めているのか、いくら貯まったのかを常にチェックしているのです。

買い物が週2回以下だと貯まる

買い物をした女性

1000万円貯めた人のおよそ6割は、買い物が週に2回以下でした。

毎日買い物に行くと答えた人で1000万円貯めた人は、8%しかいませんでした。

人間には、行動経済学でいう”現在バイアス”=今を楽しみたいという意識があります。

節約中なのに新商品が出ると買ってしまったり、ダイエット中なのに目の前にケーキが出てくると食べてしまったりします。

買い物の回数を減らすことで、無駄遣いの機会を減らすことができるのです。

夕食の献立を前日までに決めていると貯まる

年間100万円以上貯めた家では、前日までに献立を決めている家が一番多かったのです。

貯まらない家の多くは、作る直前や買い物をしながら決めていました。

これでは、特売品などを無計画に買ってしまい、無駄遣いが多くなってしまいます。

献立は前日までに決め、計画的に買い物をすると、無駄遣いが減り貯まりやすくなると考えられます。

日常的に運動をすると貯まる

ランニングする女性

日ごろから運動をしている人は、今だけでなく将来の健康を重視しています。

つまり、計画性もある人なのでお金を貯めるのもうまいと考えられるのです。

運動するかしないかは、長い目で見ると将来の医療費が変わってくる可能性があります。

オーディオブックを聴くと貯まる

オーディオブックとは、プロのナレーターなどが本を読み上げて音声化した電子ブックです。

オーディオブックは、知識や教養を身に着ける将来のための自己投資です。

オーディオブックは歩きながらでも、満員電車でも、運転中でも聴けます。

すき間時間をうまく活用することは、将来的にお金を貯めることにつながります。

睡眠時間が短いと貯まらない

眠ってる子犬たち

貯蓄と睡眠の関係を調べたところ、一番貯蓄額が多かったのは6~7時間時間寝る人でした。

睡眠時間が短い人はたくさん働いていそうですが、3~5時間しか寝ていないと貯蓄はおよそ半分に減り、3時間未満では極端に低い結果になりました。

寝不足で疲れが貯まっていると、自制心が奪われて判断力が落ちます。

すると、仕事のパフォーマンスも落ちてしまうのです。

貯まる人は適切な睡眠をとっているのです。

楽しかった思い出に浸ると貯まる

アメリカのクレイトン大学の実験では、参加者を2つのグループに分けて行いました。

1つ目のグループは金融や貯蓄の講義を受け、2つ目のグループは昔を思い出すものや写真を持ってきてもらい、楽しかった思い出に浸ってもらいました。

その後聞き取り調査をすると、講義を受けたグループは、実験前は収入のおよそ9%を貯蓄に回していましたが、実験後はおよそ10%を貯蓄するようになっていました。

それに対し、昔を思い出したグループは、実験前は収入のおよそ10%を貯蓄に回していましたが、実験後はおよそ17%を貯蓄するようになっていました。

冒頭では、老け顔を見るとお金を貯めたくなると学びましたが、実は昔の楽しかった思い出を思い出すのも貯まるきっかけになる可能性があるのです。

昔の楽しかった思い出を思い出すとポジティブな感情が生まれ、「将来も楽しいことがしたいから貯金しよう」と貯金しやすい心理状態になるのです。

まぁこ
まぁこ

たしかに、「昔はよくライブに行ったな~」とか「旅行に行ったな~」とか思い出すと、将来も「絶対に行きたい!」と思える!

お金を貯める習慣を身につけよう

お金が貯まる人には、お金が貯まる理由、習慣があるから貯まるんですね。

家計簿をつけるのは苦手で、「お金がかかるものにはかかるしな~」なんて思っていましたが、最近はマネーフォワードなどのアプリでお金の管理も簡単になりましたよね。

オーディオブックは、AmazonのAudible(オーディブル)が有名ですよね。

Amazonオーディオブック : Audible (オーディブル)|最初の30日間は無料|Audible.co.jp公式サイト
2ヶ月間の無料体験キャンペーン中:2022/10/12まで|会員なら12万以上の対象作品が聴き放題。ビジネス書や英語、落語や声優による名作文学の朗読をアプリで聴ける。

まずは、30日間、無料で体験してみるのもオススメです。

 

移動中や家事をしているときにも耳は空いている時間なので、有効に使いたいものです。

ワイヤレスイヤホンもピンからキリまであります。

使い方が難しいと思われがちですが、スマホのBluetoothをオンにすれば勝手につながってくれる製品もあり、慣れればとっても簡単です。

 

私は料理中に子どもに話しかけられてもいいように、片耳にしかはめていませんが、本当は骨伝導のイヤホンが欲しいんです…高いので手が出ませんが(泣)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました