リンパの極意!肥満&むくみを解消する方法/美と若さの新常識

肥満むくみを解消する方法美容/健康
こんにちは!
リンパはカラダの中の老廃物を流す下水管の役割をしているというのは常識ですよね。
リンパの流れが滞るとむくみが起こりますが、私たちのカラダの中で最もむくみやすいのはお腹なのだそうです。
お腹のむくみを放置すると、脂肪細胞が太っていき肥満になる可能性があるのです!
お腹のどこのマッサージしたらいいの?
何を食べたらリンパ管にいいの?
(2020年1月21日放送、美と若さの新常識「肥満むくみに!新リンパの極意」をまとめています。)

リンパとはカラダの老廃物

血管は、心臓のポンプ機能によって全身に血液を循環させています。
一方、リンパ管には心臓のようなポンプ機能はありません。
リンパは末梢の組織から鎖骨付近まで一方向に流れていき、最終的には血液の中に排出されます。
血液の中に入ると老廃物はおしっことして排出され、再びいろいろな臓器に振り分けられるのです。
リンパは運動をして筋肉を動かすことで末端から流れやすくなります。
まぁこ
まぁこ

スネの骨を10秒ほど押したときに指の跡が残る場合は、むくみがあるということです。

「腸リンパ流し」でお腹のむくみを解消

カラダの中でリンパが多い部分は「腸」です。
腸にはカラダの7割以上のリンパ管が集まっています。
腸の動きが悪くなり、むくみがひどくなると消化不良を起こします。
腸のむくみを取るには「腸リンパ流し」というマッサージが有効です。
エステのように強く揉み出すのではなく、強くもまないのがポイント
そして重点的に押すのは、腸に張り巡らされたリンパが集まるタンクのような役割をしている乳び槽にゅうびそうです。(←みぞおちのあたり、横隔膜の近く)
足から上がってきたリンパ液も乳び槽を経由して上に流れていきます。
腸のリンパを流すには、乳び槽の流れを良くするのがポイントなのです。

自宅でできる腸リンパ流しの方法

寝た状態で行うのがいいので、就寝前がオススメ
手を動かすルートは2つ。
まずは、みぞおちに4本の指の腹をあて、おへそのわきを通って下腹部に向かって指を流します。
再びみぞおちに指を置き、息を吸って吐くときにおへそ付近をへこませながら下腹部に流すようにします。
みぞおちに手を置き、肋骨のきわから(肋骨に触れないように)腰骨に沿って下腹部に流します。
これを3~5分繰り返します。
右手の場合は左の肋骨というように、流す場所と逆の手を使うとやりやすいです。
まぁこ
まぁこ

あまり圧がかからないように指の腹を使いましょう。

腸リンパ流しの秘訣は水と呼吸

マウスで実験をしたところ、空腹時に水を飲む前と飲んだ後では、空腹時に水を飲んだ後のほうがリンパの流れる量が5倍になりました。
乳び槽の場所は横隔膜のそば、カラダの奥深い場所にあります。
乳び槽を最も手軽に押す方法は、横隔膜を動かす腹式呼吸です。
腹式呼吸をするときは仰向け、息を吐くときはお腹を強くへこませるようにすると、リンパの流れが良くなります。
まぁこ
まぁこ
食事のあとでは食事の成分と混ざってしまうので、
リンパを流すためには空腹時に水やお茶を飲むことが大切です。

リンパ管は栄養も運んでいる

リンパには栄養を送り届ける役割もあります。
小腸の内側には絨毛じゅうもうと呼ばれるひだが無数にあり、その一つ一つにリンパ管が通っています。
絨毛に到達する主な栄養素はブドウ糖脂肪です。
ブドウ糖はサイズが小さいため直接毛細血管に入ることができます。
しかし、脂肪は大きすぎて入ることができないため、リンパ管に取り込まれます。
取り込まれた脂肪は乳び槽にためられたあと、鎖骨まで運ばれます。
鎖骨で静脈に流れ込み、血流に乗って全身に運ばれ、エネルギー源として使われます。

リンパの滞りで内臓脂肪が増加する

ポッコリお腹
リンパの流れが滞ってしまうと、脂肪をたっぷり含んだリンパ液がたまっていき、リンパ管がどんどん拡張していきます。
すると、管の細胞と細胞のあいだに隙間ができ、リンパ液と共に脂肪が染み出します。
これが周りにある脂肪細胞のエサになり、脂肪が肥大化してしまうのです。
食べる量を増やしていなくても、リンパが滞るだけで内臓脂肪は肥大化するのです。
肌にもリンパ管はたくさんあります。
肌のリンパ管が滞ると皮下脂肪がつき、皮膚の老化の象徴であるたるみを引き起こします。

頭部のリンパを流す方法

筋肉と皮膚を揺らすようなイメージでやさしくマッサージしていきます。
顔と頭のリンパ液は鎖骨のくぼみの部分に戻っていきます。
まずは、ゆっくり肩回しをします。
腕をクロスして鎖骨のくぼみを4回マッサージします。
首の横を4回マッサージします。
耳の前後にもリンパ節があるので、人差し指と中指で耳を挟むようにして4回マッサージします。
頭のうしろのつけ根に手をあて、4回マッサージします。
手ぐしで髪の中に手を入れ、頭皮を4回マッサージします。
首のうしろを通って鎖骨まで流すようにします。
まぁこ
まぁこ
カラダが温まった状態でやるとリンパの流れがよくなるそうです。
頭皮はシャンプーのときにやるなど、生活+αで続けましょう♪

リンパ管を劣化させる原因

ストレスはリンパ液のダダ漏れを引き起こします。
私たちがストレスを感じたときに分泌されるコルチゾールは、リンパ管の細胞と細胞のあいだに隙間を作るのです。
他にも、
  • 紫外線
  • 加齢
  • 皮膚の乾燥
  • 過剰な脂肪摂取
によって、リンパ管は老化します。

リンパ管を強くする食材は「シナモン」

シナモンに含まれる成分には、リンパ管の細胞同士の接着を強める働きがあります。
シナモンはリンパ液のダダ漏れを防いでくれるのです。
1日に摂取する量は、0.9g(小さじ1/2)までです。
番組では3週間続けた結果、ふくらはぎやウエストが細くなり、むくみが改善されました。
肌の水分量もアップし、キメも改善していました。(※効果には個人差があります。)
血管とリンパ管の循環機能が活性化すると、肌の内側から水分量が上がるため、うるおい肌になるのです。
まぁこ
まぁこ
たくさん摂りすぎると肝臓に負担がかかるので気をつけましょう。
※肝臓に持病のあるかたは医師に相談してください。

リンパの滞りをなくすことが大切

リンパ管は老廃物を運ぶ下水管&栄養を運ぶ栄養管。
就寝前(または空腹時)に水を飲み、腸のマッサージ&腹式呼吸をする。
入浴中には頭部のマッサージで頭部のリンパの滞りを解消する。
シナモンを意識して摂る。(小さじ1/2以下)
まぁこ
まぁこ
食パンにかけて焼くシナモンシュガーは常備しています。
今度はシナモン自体も買ってみようかな?
ん?コーヒー+シナモンはアンチエイジング飲料!?

 

美肌と若さを手に入れるコーヒーの選び方/美と若さの新常識
「コーヒーは神秘の美容ドリンク」2019年10月22日放送を3分で紹介。コーヒー1杯に含まれる成分は1000種類以上。その中でも2つの成分を意識することが大切です。美肌、ダイエット、老化防止に効果がある成分、その摂取方法とは?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました