HSPは5人に1人!HSPの悩みと解決法とは/世界一受けたい授業

HSPの悩みと解決法お金/暮らし

こんにちは!

あなたはHSPを知っていますか?

2020年4月11日放送、世界一受けたい授業では「新生活が始まる今こそ知りたいHSP」と題してHSPが取り上げられました。

教えてくれたのは「『繊細さん』の本」の著者、HSP専門カウンセラーの武田友紀さんです。

HSPとは感受性が強く繊細な人のこと

HSPとはHighly Sensitive Personの略で、感じる力が強くとても繊細な人のことです。

HSPに該当する人は、5人に1人と言われています。(エイレン・N・アーロン博士の研究より)

HSPの人は、脳の偏桃体という自分にとって危険かどうかを判断する働きが生まれつき強く、不安や恐怖を感じる神経回路も敏感に働きます。

HSPであると気づかずに無理を続けると、睡眠が浅くなり疲れが残ってしまうこともあります。

HSPとうつ病は全くの別物です。

うつ病は後天的な心の病気、HSPは生まれ持った先天的な特徴で個性の1つと言えるので治すものではありません。

まずは自分がHSPかどうか知ること。

そしてたとえHSPだとしても無理に自分を変えようとせず、うまく自分と付き合っていくことが大切です。

HSPの悩みと解決方法

HSPの人がかかえる悩みはさまざまです。

もしもあなたが以下のような悩みを持っている場合、HSPの可能性があるかもしれません。

HSPの悩み①「大勢が苦手」

グループで話す人たち

大人数の場では、人の表情や言動など一度に多くの刺激を受けてしまいます。

すべてに気を配ろうとするものの何もできず、

 

Sさん

(なんで私はこうなんだろう…)

などと必要以上に落ち込んでしまうのです。

 

 解決方法

大人数が苦手な人は、

 

「へぇ~、そうなんだ。」

「それでどうしたの?」

 

などと聞き役になるだけで気持ちが楽になります。

 

敏感に人の気持ちを考えるHSPの人は、他人の表情や言動から相手の気持ちを察するのが得意。

 

そのため、「聞き役になろう」と自分で決めることで、相手が求める返しができたり一緒に共感できるので気持ちが楽になります。

HSPの悩み②「断るのが怖い」

例えば仕事中、

「この資料、作ってもらえる?」

と言われたとき、

 

Sさん

(この仕事を引き受けたら自分の仕事が終わらないよ。でも困ってそうだし、断ったら悪いなぁ…。)

と思いながらも、

「わかった、やっておくよ。」

と答えてしまうなど、HSPの人は自己主張が苦手です。

誰かの役に立てるのなら自分が我慢しようと考えがちなのです。

さらに「断って相手から嫌われたらどうしよう…」などと、他人からの思われ方まで気になってしまい、結局断れずに無理をして引き受けてしまう人もいます。

 

 解決方法
無理な頼まれごとや誘いを受けたときは、自分のできる範囲を伝えることが大切です。

「この資料、作ってもらえる?」

 

と言われたら、

 

「今は自分の仕事もあるから、半分ならできるよ。」

 

などと、相手の要望を聞きつつ自分ができる範囲を伝えることを心がけると気持ちが楽になります。

HSPの悩み③「人の気分に左右されてしまう」

例えば配偶者が、

「はぁ~」

とため息をついたとき、

Sさん

(なんかイライラしてるなぁ…、もしかして自分のせい?)

などと、相手が言葉を発しなくても、表情や声のトーンなどからも相手の気持ちを察知します。

たとえ相手のイライラの原因が自分ではなくても、その怒りや悲しみを無意識に感じて疲れてしまうのです。

 

 解決方法

そんなときは相手との間に境界線を作りましょう。

 

例えばティッシュボックスを置くだけでも有効です。

 

相手との間に何か物があると、心理的な境界線となって相手の感情を受け取りすぎないようにできます。

まぁこ
まぁこ

物は何でもよく、ここが境界線だと自分で意識することが大切だそうです。

HSPの悩み④「配慮が足りない人にイライラする」

イライラしている猫

久しぶりに会う友人に、

「ちょっと太ったんじゃない?」

と言われたとき、

Sさん

(なんでズケズケと人が気にすることを言えるんだろう?)

相手の表情や言葉のニュアンスを敏感に感じ取るHSPにとって、デリカシーがない周囲の人の言動は不快でしかありません。

 

 解決方法
配慮が足りない人にイライラしないためには、相手に期待しないことです。
「配慮する力にも個人差がある」「仕方ない」と思うと気持ちが楽になります。

HSPの悩み⑤「周りに合わせてしまう」

例えば友達との遊びの予定を決めているとき、

友達1「今度の休み、どこに行く?」

友達2「遊園地かな?」

Sさん

(え、、乗り物苦手だから遊園地はイヤだなぁ…)

友達1「ねぇ、どう思う?」

「遊園地、楽しそうだよね。」

Sさん

(本当は遊園地行きたくないなぁ…)

本音を言えず周りに合わせてしまうのは、過剰同調性かじょうどうちょうせいといいます。

自分の意思が表せず、それを意思がないと感じて強く自分を責めてしまうのです。

 

 解決方法

HSPの人は周りの空気に飲まれてしまって、その場では自分の本心が分からなくなることがあります。

 

そこで1人になったときに自分が感じていたことを書き出し、自分の本音を見つめなおすことが大切です。

HSPの悩み⑥「なじむのに時間がかかる」

会議しているデスク

例えば新しい環境で初対面の人と話すとき、

上司「今日から新しく配属になった田中君だ。」

「よろしくお願いします。」

上司「みんなに自己紹介して」

「あっ、はい…」

 

Sさん
Sさん
(第一印象、大丈夫かな?悪く思われていたらどうしよう…)

 

 解決方法

「はじめまして、田中と申します。私は人見知りで話すのが苦手なので、質問してください。」

 

最初に「質問してください」とアピールすると、

 

社員「田中さんはどこ出身ですか?」

 

などと相手から話題をふってもらえるので、会話がしやすくなります。

 

HSPは新しい環境に慣れるのに時間がかかるので、無理をせず少しずつ順応していきましょう。

HSPの悩み⑦「考えすぎて動けない」

例えば翌日の会議資料を作ろうとしたとき、

Sさん

まずは方向性を決めないと。

Sさん

あと売り上げも出さないと…

Sさん

あーもぉ~、何から始めればいいの!

などと、悩みすぎて物事を進めるのに時間がかかります。
解決方法
考えすぎて動けないときは、「とりあえず」という言葉が有効です。
とりあえず今できることや負担が少ないものから始めると、ベストではなくても物事が進むと実感できます。
気持ちも楽になります。

HSPの悩み⑧「音に敏感」

コーヒーとイヤホン

例えばカフェで読書をしていると、

隣の客「このイヤリングかわいいと思わない?」

隣の客「かわいいけどいくら?」

Sさん

(しゃべり声、うるさいなぁ…)

別の客はカタカタカタカタとパソコンを打っています。

Sさん

(うるさくて全然落ち着かない!)

聴覚が敏感なHSPの人は、周囲の会話や物音など一度気になり始めると集中できなくなり落ち着かないのです。

 

 解決方法

音に敏感な人は、イヤホンを使いましょう。

 

おすすめはノイズキャンセリング機能付きのイヤホン。

 

心地よい音楽を聴いていれば気を紛らわすことができます。

HSPの悩み⑨「視覚が敏感」

例えばパソコンで業務をしていると、パソコン以外の周りのものが気になって集中できないのです。

倒れかけているファイルが気になったり、向かいに座っている人が伸びをすると「疲れてるのかなぁ…」などと気になったりします。

視覚が気になるHSPの人は、視界にあるものを無意識に目で追ってしまい集中力がとぎれてしまうのです。

 

 解決方法

視覚が敏感な人は、ふちが太い伊達メガネをしましょう。

 

視界にメガネのふちが入ることで、「ここだけ見ていればいい」と見る範囲を自分で決めやすくなります。

 

向かいに座っている人が伸びをしても、フレームの外なので目の前のことに集中できるのです。

これに当てはまるとHSPではない

以下の4つの性質のうち1つでも当てはまらない場合は、HSPではありません。

HSPの4つの性質

  1. 深く考える
  2. 過剰に刺激を受けやすい
  3. 共感力が高く感情の反応が強い
  4. ささいな刺激を察知する

もし「自分がHSPかも?」と相談したいときは、カウンセラーHSPの知識のある心療内科に相談しましょう。

まとめ)HSPだけが感じられる幸せがある

HSPのいいところは、相手の気持ちに配慮しながらコミュニケーションができることです。

感じる力が強いということは、想像力が豊かで小さな出来事にも感動することができます。

HSPだから感じられる幸せはたくさんあるので、とてもお得な人生なのです。

 

まぁこ
まぁこ

私もHSPの傾向があります。とてもツライと感じる時期もありましたが、図書館で本に出会い、

「自分はHSPだったんだ!」

とわかったことで対処法がわかり、ものすごく気持ちが楽になりました。

もしも「自分はHSPかも?」と思ったあなたは、まずは本を読んでみることをオススメします!

 

あなたがHSPではなくても、子どもがHSPの場合もあります。

「育てづらいな…」と思ったら一度手に取ってみるのもいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました