【体験談あり】幼児期に英語教育が必要ない3つの理由

幼児期の英語教育は不必要教育/育児
こんにちは!
2歳児のママにこんな相談をされました。
Sさん
Sさん

小学校から英語が必修科目になるし、小さいころから英語教育をしたほうがいいかな?

経験者の私は即答ですよ…
まぁこ
まぁこ

必要ないよ!

そもそもあなたは英語が話せますか?
それとも苦手ですか?
「自分が苦手だから、子どもには英語で苦労させたくない」
というのならば、なおさら早期の英語教育は必要ありません
まぁこ
まぁこ

幼児期に英語教育に使う時間があるならば、絵本の読み聞かせをすべし!

というのが結論です。
以下がその理由です。

幼児期の英語教育が不要な3つの理由

アルファベット

1.幼児期は英語よりも日本語習得のほうが大切

わが子の発語が始まると、
「次々に言葉を覚えて天才!」
「英語も教えたら覚えるんじゃない?」
なんて思いがちですが、どのように子どもは言葉を発するようになるかわかりますか?
赤ちゃんは生まれた直後から話しかけられた言葉を分析していて、どんどん言葉を脳にストックしていきます。
たくさんの日本語に触れることで、言葉と音の構造を理解できるようになっていきます。
そして、ストックしていた箱がいっぱいになったときに言葉を話し始めると言われています。
私たちは日本人として生まれた以上、生涯日本語でものを考えますよね。
恐らく大人になってから英語を習得した人の多くは、日本語でどのように伝えるか考えてから英語を話していると思います。
つまり、まずは正しい日本語を身につけて使いこなせるようになることが先なのです。

2.語彙力が論理的思考力につながる

小学校に入ると日本語で授業を受けます。(例外は除く)
実は、小学校に入った時点で子供たちにはすでにがついています。
その差の1つは「語彙力の差」です。
まぁこ
まぁこ
早生まれなどの「生まれ月の差」はそのうちなくなるので心配いりませんよ。

たくさんの言葉を知っているとどうなるか。

  • 先生の話をよく理解することができる。
  • 教科書をスラスラ読むことができる。
  • 絵日記や感想を書くときに表現が豊かになる。
  • 相手に自分の考えや気持ちを伝えるのが上手くなる。・・・etc
人間は言葉で記憶するので、記憶力も良くなります。
そして、言葉を多く知っていると、自分で考える力がどんどんついていきます。
自分で考える力がある子は、自分から勉強ができるようになっていきます。
言葉を知らなければ、言葉でものを考えることも、言葉で何か伝えることもできません
言葉で自分の気持ちが整理できるようになると、感情も落ち着きます。
幼少期は語彙を増やしてあげることが大切なのです。
そんな時期に日常生活で使わない英語をインプットしても無駄だといえます。
英語はあくまでもコミュニケーションの手段です。
多様性が求められるこれからの時代は、論理立てて説明する力=論理力が必要になります。
英語話せることが大事なのではなく、英語何を話すかが大事なのです。
まぁこ
まぁこ
論理力を身につけるためには、大量の日本語のインプットが必要です。

3.脳の言語野の発達のピークは8~10歳

赤ちゃんに絵本を見せる母
2歳~5歳ころは、童謡、しりとり、ダジャレ、韻を踏む言葉遊びなどが好きになります。
これはたくさんの言葉を覚えているからこそ楽しめる遊びです。
そんな時期に2ヶ国語を覚えようとすると、脳が混乱してしまいます。
日本語と英語が入り混じった言葉を話したら・・・
まぁこ
まぁこ

ルー大柴の完成です!!

脳の発達過程からすると、子どもが英語や外国語を効率よく身につけるには8~10歳が黄金期といわれています。
まぁこ
まぁこ

ちょうど小学校で英語の勉強がはじまる時期ですよね。

小学校の授業ではゲームや自己紹介、簡単な会話などで英語に親しむことから始まります。
英語の力を伸ばしたいのなら、日本語で考える力がついてからでも十分間に合うのです。
英語が好きになって「もっと勉強したい!」と子ども自身が思ったときに環境を整えてあげると、一番効率よく習得できると思います。

おまけ:科学技術が進歩している

いまは英語学習アプリですきま時間に勉強できるようになりました。
オンラインで外国人講師と学習することも可能です。
さまざまな方法で大人になってから英語を身につけた人はたくさんいます。
また、最近は翻訳機が進化しています。
オンラインであればほぼ同時通訳、カメラで読みこんだ言語も訳してくれます。
まぁこ
まぁこ

しかも多言語対応っ!!

教育費をかけるなら0~10歳がベスト

腕組みする少年
教育経済学者の中室牧子先生は、教育に一番お金と時間をかけるべきなのは0歳~10歳だといいます。
データによると、教育にかけたお金に対する将来の見返りが、子どもの年齢が上がるにつれて減少することがわかっています。
また、シカゴ大学の40年にわたる追跡調査でも「質の高い幼児教育を受けた人たちほど、将来の収入が高い」という研究結果が出ました。
つまり、10歳を過ぎてから「子どもの学力が低い」と慌てて塾に入れるよりも、10歳までにたくさんの本に触れる、たくさんの会話をする、たくさんの経験をするなど、知的好奇心を持たせる教育をしたほうがいいのです。
まずは「絵本の読み聞かせと外での体験」を大切にすることから始めましょう。
まぁこ
読み聞かせしてきたまぁこ
絵本は1日3冊、好きな本なら同じ本でもかまいません。
年間約1000冊の読み聞かせを目標にがんばりましょう!

幼児期に英語教育はいらない

幼児期に英語教育は必要ありません。
幼児期に英語教育に使う時間(とお金)があるなら、絵本の読み聞かせをすべし!
赤ちゃんは本の読み聞かせを通じて単語を覚えるので、生まれた直後から絵本を読んで聞かせましょう。
絵本の話を通じて物語の構造を学び、少しずつ日本語をあやつれるようになっていきます。
まぁこ
まぁこ

幼児期は、少し丁寧な日本語で話しかけるようにしましょう。

テレビやYouTubeをつけっぱなしにするのは無意味です。
機械音では赤ちゃんの言葉は育ちません。

余談:わが家は英語教育失敗済み

息子(当時2歳)に「こどもちゃれんじEnglish」を与えたことがあります。
専業主婦で朝から晩まで息子と二人きりだったため、新しい遊びを取り入れたかったという軽い気持ちでした。
楽しく遊んでいたので3年ほど続けましたが、私が英語を話せないので「英語に触れる体験」で終わりました。
まぁこ
まぁこ

幼稚園では日本語が飛び交っているし、何よりもテレビや絵本、家庭の中がすべて日本語なのよね…

そのとき覚えた「apple」程度の英語は、8~10歳になればすぐに何十個も覚えられます。
※「英語耳を作る」なんていう宣伝があるとおり、リスニングには効果があるかもしれません。でも子どもはすぐに忘れるので、継続する親の覚悟が必要です。
そして、幼児期に読み聞かせに力を入れてきた現在小4の息子はというと…
学校のテストの点数は全教科、9割以上とれています。
先生の話をよく聞き、理解しているからだと思います。
ただ、英語は家の中で話すのが恥ずかしいようです。
チャレンジタッチの英語のコーナーはボソボソっと話していました;
まぁこ
まぁこ

まぁ参観日ではちゃんと話してたからいいけど♪

林先生もTVでおっしゃっていましたが、幼児期は本人のスペック(地頭)を鍛えておく方がのちのち役に立ちますよ☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました