知らなきゃ損!アサリで得られる4つのすごい効果/美と若さの新常識

アサリで得られる効果美容/健康
こんにちは!
栄養豊富で低カロリーな貝。
その中でも貧血予防、疲労回復、便秘改善、肝臓の働きを改善してくれるなど、サプリの集合体ともいえるのがアサリです。
近年の研究では、アサリには肥満を抑制したり、肌のダメージをケアしたりする効果があることがわかりました。
アサリの生態を利用すれば栄養パワーをアップさせた”スーパーアサリ”を作ることができる!?
どうせ食べるなら栄養を最大限とり入れて美と若さをゲットしましょう♪
(2020年9月10日放送、美と若さの新常識「海のサプリ!アサリの新パワー」の内容をまとめています。)

アサリは身を食べることが大事

あさりの貝殻
アサリには次のような栄養成分が含まれています。
アサリ (生の可食部 100gあたり)
エネルギー 30㎉ ←低カロリー
たんぱく質 6.0g ←アミノ酸が豊富
マグネシウム 100㎎ ←代謝アップ・便秘改善
ビタミンB12 52.4㎍ ← 疲労回復に効果的
マグネシウムは納豆並みに、ビタミンB12は牛レバー並みに入っています。
亜鉛や鉄などのミネラルの80%は身に残っているので、身を食べることが大切です。

新パワー①「コハク酸」の2つの働き

アサリは海底で、貝殻を縦にしてほとんど移動しません。
水中でエラ呼吸をしながら体内に酸素を取り入れています。
しかし、潮が引いて水がなくなると、十分な酸素を取り入れることができなくなります。
そこで、干潟になるとアサリは酸素を使わずに、蓄えていた栄養分からエネルギーを生み出します。
このとき貝殻のなかにコハク酸をたくさん作り出しています。
そして酸欠が長く続くと、コハク酸を再び体内に吸収し、今度はコハク酸をエネルギーにして生き延びようとするのです。
コハク酸は私たちがアサリを食べたときに感じるうまみ成分でもあります。

コハク酸の働き①血糖値を下げる

私たちは肝臓に蓄えられた栄養から多くの糖を作り出しています。
コハク酸を食べると、小腸で少量の糖が生まれるため、「もう糖を作らなくてもいいよ」という信号が肝臓に送られます。
すると、肝臓での糖の合成が抑えられるため、血糖値が下がるのです。

コハク酸の働き②褐色脂肪細胞を活性化

2018年のコハク酸の研究では、コハク酸はカラダの中で熱を生み出す褐色脂肪細胞を活性化し、体重を減少させることがラットを使った実験でわかりました。
ほかにコハク酸は、カニや発酵食品(とくに日本酒やワイン)などに含まれています。
まぁこ
まぁこ

今のところ動物実験の結果でわかったことなので、今後コハク酸の研究が進むことを期待しましょう。

新パワー②「グリシン」の2つの働き

ぐっすり眠る女性
海水の塩分濃度は、天候や潮の流れの影響で不安定になりがちです。
生き物も浸透圧によって細胞の水分量が変化します。
そこで活躍してくれるのがグリシンというアミノ酸です。
外側の塩分濃度が高いとき、アサリは細胞内でグリシンを合成します。
それにより細胞内への浸透圧が解消されて水分の流出を抑えているのです。

グリシンの働き①コラーゲンの主成分になる

コラーゲンは肌の弾力を保つために欠かせない成分です。
コラーゲンは私たちの体内で合成されるたんぱく質で、そのおよそ3分の1がグリシンです。
つまり、グリシンをたっぷりとることは、体内でのコラーゲンの合成に大いに役立つのです。

グリシンの働き②睡眠の質を改善し肌を修復

グリシンは質の良い睡眠を促進してくれます。
質の良い睡眠をとることで成長ホルモンが分泌されるので、紫外線などの日中に受けた肌ダメージの修復が期待できるのです。

スーパーアサリの作り方

アサリが過酷な環境で生きるために必要なコハク酸とグリシンが、私たちにとっては美と若さに役立つ成分ということがわかりました。
せっかくなら効率よくたっぷりとりたいですよね。
そこでコハク酸とグリシンが増えてパワーアップしたスーパーアサリの作り方をマスターしましょう!

<スーパーアサリの作り方>

  1. 3%の塩水を作る。(水1リットルあたり塩30g)
  2. 塩水に3時間浸す。(新聞紙などでフタをして暗くする)
  3. 水で洗い、空気にさらす。(ザルにあげる)
  4. 乾燥しないように濡らしたキッチンペーパーで覆う。
  5. 常温で3時間放置する。
  • 塩水に3時間浸すことでグリシンが増えます。
  • 空気にさらすことで、酸素がない状態でも生きようとがんばり、コハク酸が増えます。
  • 30℃くらいに3時間置いておいても生きています。
  • 冷蔵庫だと代謝が抑えられるため、コハク酸はたまりません。
  • 100gずつ小分けにし、3日以内に食べる分は冷蔵保存、4日以降に食べる場合は冷凍保存。
このように6時間かけると、グリシンが約1.7倍、コハク酸が約5倍増えるスーパーアサリが出来上がります。
まぁこ
まぁこ

いっきに作って冷凍保存しておくと、いつでも楽しめそうですね。

アサリを25日間食べ続けた結果

ボンゴレビアンコ
アサリを1日100g(約15個)、25日間食べ続けてもらいました。
アサリを食べること以外は、以前と変わらない生活をしてもらいます。
実験前の各数値はこちら↓。
  • 中性脂肪 165 (基準値30~149以下)
  • 体重 51.1㎏
  • 肌の水分量 34% (目標値40~50)
そして、25日後の各数値はこちら↓。
  • 中性脂肪 78 (基準値30~149以下)
  • 体重 51.4㎏
  • 肌の水分量 47% (目標値40~50)
と、体重はほとんど変わらないのに中性脂肪が半分以下に!
まぁこ
まぁこ

し、、脂肪が燃えた!?

そして、肌のツヤが明らかに変わっていました。

アサリより安いホンビノス貝がすごい

ホンビノス貝料理
ホンビノス貝は北米大陸が原産で、海外ではクラムチャウダーなどに使われるメジャーな貝です。
その昔、海外からの船にまぎれて日本へ来て、約20年前からは東京湾にも生息している外来種です。
千葉県ではブランド水産物に認定されています。
ホンビノス貝の栄養成分は、食品成分表に載っていないため不明でしたが調べてもらいました。
アサリとホンビノス貝の成分比較(100gあたり)

アサリ

  • コハク酸16.4㎎
  • グリシン151.4㎎

ホンビノス貝

  • コハク酸86.6㎎
  • グリシン131.7㎎
なんとコハク酸の量が約5倍でした!
グリシンはやや劣ったものの、他のアミノ酸はアサリとほとんど変わりませんでした。
まぁこ
まぁこ

ホンビノス貝の値段はアサリの半分程度なので、、、ホンビノス貝ってコスパ最高!!

まとめ)アサリの2つの成分で4つも効果が得られる

アサリのコハク酸は、血糖値を下げ、褐色脂肪細胞を活性化する。
アサリのグリシンは、コラーゲンの合成に役立つ。
また、良質な睡眠を促し、成長ホルモンを分泌させるため肌をケアしてくれる。
スーパーアサリ、またはボンビノス貝でコハク酸とグリシンをたっぷりとれる。
まぁこ
まぁこ
25日間、1日100gのスーパーアサリを食べ続けた結果に驚きました!
中性脂肪が高い方や、肌の乾燥が気になる方は、続けてみる価値アリですね!
褐色脂肪細胞の活性化には「杜仲茶!」という記事はこちら↓。
【超手軽】胆汁ダイエットを成功させる3つの食材とは/美と若さの新常識
胆汁がどんな働きをするか知っていますか?胆汁の質を良くすれば、食事制限ナシ、運動ナシでもダイエットすることができます。フレッシュな胆汁を出すにはどうしたらいいのか、胆汁にいい3つの食材でダイエットを成功させましょう。
睡眠の質を改善したいという方はこちら↓も参考にしてください。
もっとぐっすり眠りたい!冬の快眠術/ 美と若さの新常識
「もっとぐっすり眠りたい!冬の快眠術」2020年1月14日放送を短く紹介。週末に寝だめをしたのに月曜日がつらいのは寝だめが原因!?遅寝遅起きでも月曜日にスッキリ起きられる方法とは?寝る前に寝る準備をすることが大切だったのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました