必読!オヤジ臭を撃退する方法!/美と若さの新常識

オヤジ臭を撃退する方法美容/健康
こんにちは!
過去に録画した番組を整理していたら、「オヤジ臭」という言葉が目に入ってきました。
男性にとって「体臭」は年々気になってくるといいますよね。
でも、原因を知って対策をすれば爽やかなおじさん間違いなし!
誰にでもできる簡単な「オヤジ臭対策」とは?
(2019年8月13日放送、美と若さの新常識「撃退オヤジ臭!メンズビューティーの極意」をまとめました。)

オヤジ臭の原因は主に汗と皮脂

おじさんの加齢臭(ノネナール)やミドル脂臭(ジアセチル)の原因は、主に皮脂です。
ミドル脂臭は20代後半から、加齢臭は40代から徐々に増え始めます。
年を取ると下半身の汗腺機能が弱くなり、下半身に汗をかかないぶん上半身に汗をかきやすくなります。
また、加齢臭のニオイの原因は皮脂腺から出る脂のニオイです。
皮脂腺は毛穴にあるので、胸元や脇、えりあしや頭部など毛が多い部分に加齢臭が出やすくなります
まぁこ
まぁこ

男性ホルモンが減る70代ころからは、加齢臭が減っていくそうです。

オヤジ臭を消す方法とは

運動をする

加齢臭はメタボ体質の人が多いので、運動はメタボ対策になります。
ところが、筋トレのような無酸素運動は乳酸ができやすくなります。
ミドル脂臭の元は汗の中の乳酸なので、筋トレは適度に行いましょう。

朝シャワーをする

汗をかいた場合はシャワーが有効です。
ただ、夜にお風呂に入っている場合、1日2回肌を洗浄することになります。
ニオイは皮脂と常在菌の相互関係で出るので、入り方が大切です。
シャワー
泡だけで洗う
以前番組で、ナイロンタオルでのゴシゴシ洗い泡だけ洗いで、シャワーから6時間後のニオイを調べました。
すると、ゴシゴシ洗いに比べて泡だけ洗いのほうが半分以下にまでニオイが抑えられるという結果になりました。
ゴシゴシ洗うと皮膚の脂が過度に流されてしまいます。
人のカラダは不足したものを補おうとするので、ゴシゴシ洗うと皮脂が余計出てしまい逆効果になるのです。
ナイロンタオルでゴシゴシ洗うのではなく、泡だけで洗いましょう。
出勤直前にシャワー
ニオイの元となる皮脂は、たとえ泡洗いでもシャワー後6時間もたつとかなり復活してしまいます。
前夜からの汗を流すためにも、出勤前に朝シャワーをするのがいいのです。

ハンカチを2枚以上持つ

汗や皮脂そのものにニオイはありません。
ニオイは汗や皮脂が皮膚上の常在菌によって、代謝・分解されたり酸化することによって発生します。
つまり、汗や皮脂がニオイに変わる前に、ハンカチで拭くことが大切なのです。
ハンカチで拭くと、皮膚の上の雑菌がハンカチにつきます。
そのハンカチで再び拭くと、ハンカチで増えた雑菌がまた皮膚についてしまうので、ハンカチは複数枚持ちましょう。
また、ニオイ物質はすべて水溶性なので、タオルを濡らして拭くのも有効です。

新・オヤジ臭「疲労臭」の正体はアンモニア

ブタの鼻
私たちがたんぱく質を食べて、腸で消化・吸収されるときに発生するのがアンモニアです。
発生したアンモニアは主に肝臓に送られて処理され、一部がおしっことして排出されます。
ところが、肝臓での処理が追いつかなくなるとアンモニアが増え、皮膚から出るガスや汗に混じることがあるといいます。
つまり、全身からアンモニアのニオイを漂わせるという恐ろしい事態になるのです。
生活習慣の乱れや飲酒によって肝臓の状態が低下していると、アンモニアが汗と一緒に皮膚から漏れ出てきます。
このアンモニアが混ざった汗のニオイが、新・オヤジ臭「疲労臭」のニオイの原因なのです。
肝臓に負担のかかるアルコールの飲みすぎや、高たんぱくの肉の食べすぎは血中のアルコールが増えるので気をつけましょう。
まぁこ
まぁこ
疲労臭は健康が損なわれたサインです。
女性でも疲労臭は出るので要注意です!

疲労臭対策にはシジミをちょい足し

シジミにはオルニチンというアミノ酸が含まれています。
オルニチンは、アンモニアを処理する肝臓の働きを助ける物質です。
オルニチンを補うことで肝臓の機能を高め、摂りすぎたアンモニアが皮膚から出てしまうのを抑えることができます。
キハダマグロやヒラメ、ぶなしめじやチーズにもオルニチンが含まれています。
毎日の食事にうまく取り入れて肝臓をケアしましょう。
まぁこ
まぁこ
オルニチンはコラーゲンの合成を促進します!
美容にもいいなんて、一石二鳥ですね♪

おじさんのテカリは保湿で防げる

男性の肌と女性の肌は違います。
女性は30~40代で皮脂の量が減っていきますが、男性はずっと高い皮脂量を維持しています。
肌のミクロのしわの凹凸が細かく刻まれた肌(キメの整った肌)だと、光が乱反射してやわらかく分散します。
しかし、凹凸がなくなりキメの荒いツルっとした肌は、光がそのまま強く反射してしまうので、肌がテカって見えてしまいます。
35歳以上の男性30名に、2ヶ月間、乳液による保湿をしてもらったところ、キメが改善した人は大きくテカりが抑えられました。
日焼けやヒゲ剃りの摩擦によってダメージを受けやすい男性肌は、しっかり保湿をすることが大切なのです。
肌の雑菌を落とすためにも1日2回洗顔し、洗顔後は化粧水や乳液で保湿するようにしましょう。
まぁこ
まぁこ

男性と女性では皮脂の量が違うので、男性用を使うのがいいそうです。

オヤジ臭を撃退するポイント

臭わないためには、臭う前に対策をする。
肌をゴシゴシ洗うのは逆効果!
疲労臭対策にはオルニチンを摂取する。
普段から肌の保湿をする。
まぁこ
まぁこ
ナイロンタオルでゴシゴシ洗うのも気持ちがいいんですよね。
でも新常識は泡洗い!
皮脂を落としすぎないようにやさしく洗いましょう。
男性用のケア商品もピンからキリまであるんですね…\(◎o◎)/
ちなみにVTRに出演されていた外車販売の営業マンは、SKⅡを使ってらっしゃいました…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました